関西の気候と風土を考えた高性能住宅
新住協関西支部

新着情報

さらに新着情報を見る

わたしたち新住協関西支部は、日本海側と太平洋側で気候が大きく違う関西に適した、各種木造工法住宅の技術研究に取り組んでいます。

関西の風土と自然の中で快適に暮らせる住宅が、誰でも良質で安価に求められる社会環境を構築することがわたしたちの取り組みです。

新住協のご案内

新住協は、室蘭工業大学の助教授鎌であった鎌田紀彦代表理事が昭和59年に行った研究報告から始まりました。
北海道で始まった技術は北海道から東北、関東、中部東海、さらに西日本まで広がり、現在800社余りから民間の高断熱技術研究機関として支持されています。

新住協について詳しく見る

新住協の出版図書

よくあるご質問

+
新住協関西支部へのご入会は新住協本部にて受け付けております。
本部サイトにて入会案内書をご覧ください。
+
新住協本部のサイトにてQPEXの利用申込書を配布しております。
詳しくは、本部サイトから利用申込書をダウンロードの上ご確認下さい。
+
非会員の方にも、勉強会にご参加いただけます。
新着情報より定期勉強会の内容をご確認の上、ご参加ください。(要参加費)
+
新住協関西支部では、工務店や建築会社、設計事務所の紹介は行っておりません。
会員一覧ページから各会社サイトをご覧の上、各社へ直接お問い合わせをお願いいたします。